太陽光発電のしくみ

 

「ソーラー発電システム」は、太陽の光エネルギーを受けて太陽電池モジュールが発電した直流電力を、パワーコンディショナによって交流電力に変換して家庭で利用するシステムです。

昼間に発電した電気は家庭で利用し、余った電気は電力会社が買い取ってくれます。また、曇りや雨の日など発電した電気では足りない時や夜間などは必要分のみを今まで通り電力会社から購入します。このように、ソーラー発電と商用電源の2つを自動的に(日常の操作は不要)使い分けるので、光熱費を節約することができます。

さらに、ソーラー発電モニタ(オプション)で、発電や家庭での消費電力の様子、売電/買電状況や節約効果を目で確かめることで、暮らしの中で自然と省エネを意識することができます。

 

京セラの太陽光発電についての仕組(しくみ)・システム・価格などのお問い合わせは
関東一園を網羅する(株)ソーラー管理サービスにお任せください。
住宅用太陽光発電システムのお問い合わせ電話番号は0120-64-1433へどうぞ。

ページトップに戻る